• 完走請負人 牧野仁

BROOKS GHOST 10 | NEWCOLOR

ホノルルから戻り1週間。日本の寒さにやられつつ、完全防備で走る今日この頃。気がつけば残り10日2017年も終了。目標を定め楽しむぞー

| BROOKS GHOST 10 紹介していなかった。

 ホノルルから戻ると、ゴースト10のニューカラーが届いた。ゴーストシリーズは安定して「ハズレ」がないので、今日は何履こうか?疲労が溜まったいたら、「じゃあゴーストにする」ことはよくある。新作のカラーは自分好みテンションが上がる。

ふと、過去の投稿をみると、ゴースト10アップしていない。改めてゴースト10紹介します。

| ​ GHOST 発売10周年。

 個人的には、王道シューズと読んでいる。ブルックスのゴースト。何といってもこれからランニングを始めたい、フルマラソンを目指したい方には、安定したクッション性は推薦しやすい、特に踵のDNAの文字のした部分「ヒールセグメント クラッシュパッド」で着地の吸収させつつその衝撃を、次の一歩への力へと変えてくれる構造。踵のフィット感も無理なく多くの人に履きやすさが実感できる設計になっている。日本人より身体の大きい方々が多い、アメリカで愛されるのは、この要因ではないか?

アッパーは、二重構造になって通気性や蒸れをなくす構造に、白と黒のカラーの調和がかっこいいね。

| ​ミッドソールも進化!“バイオモゴDNA”採用

ブルックスの独自技術。「“バイオモゴDNA”」これでクッションと反発性が、サブ4(フルマラソンタイムが4時間未満タイムのこと)を目指す方には、このようなシューズが大事に、前半は反発力、後半はクッション性。そして、アウトソールのスリッドで屈曲性を持たせる。決してスピードが上がるシューズではないが、フルマラソンのように長い距離はスピードを出してはいけない、体力を温存したいとなると、このシューズは最適だ。

価格は12,960円(税込)