• 完走請負人 牧野仁

品川から大森を散策。東海道RUN

2010年秋に発売した。東京 安心&快適 ランニングコースガイド(メイツ出版)

書籍でも紹介していますが改めて、東海道RUNを紹介。

起点になるのは日本橋

その最初の宿場町が、ここ品川宿

といっても、品川駅から京浜急行北品川駅の手前に位置します。

第一京浜沿いは、箱根駅伝コースでもあるので、

通りながら、駅伝ランナー気分で

第一京浜の下る気味で進むと、品川神社が

歴史として、800年余前に源頼朝が海上交通安全と祈願成就として創始し、

徳川家康が関ヶ原の戦いの戦勝祈願で訪れ

明治に入ると明治天皇が新都、東京の安全と繁栄のために、東京十社の一つとして選ばれた神社である。

見どころは、「一粒萬倍(いちりゅうまんばい)の泉」で、お金などを洗う(清める)と運気が上がる

更に富士塚(ミニ富士山)も登頂できるなど、色々な体験もできる神社です。

そこで時間を費やした後、続いて訪れるのが

立会川の坂本龍馬像

江戸に出てきた後、ペリーが黒船で浦賀に来航

土佐藩も警護のため、この地(土佐藩御抱屋敷)で龍馬も待機していた

その浜川砲台跡も見学できる

少し行くと

江戸時代の刑場がこちら

写真を撮ったのはいいが、若干怖いなぁ

そして、ここから大森駅方面へ

大森貝塚へ

縄文時代へと時を遡る

モース博士が偶然。汽車からこの貝層を発見。

縄文時代にしろ、弥生時代にしろ、見る人が見れば大発見。何ですね

詳しい地図はコチラ

77回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示