• 完走請負人 牧野仁

山手線一周街RUN高田馬場~大崎

山手線は、明治の頃から大正までに整備される古い路線です。

従って駅舎も古い面影を残した駅が多く存在します。

今でも多くの駅で駅ビルやエキナカが作れない駅も多いのがまた良いですね。

例えば、目白は建替えしたにも拘らず、古い趣を残したまま駅や

高田馬場駅のように、古いわけでなく新しいわけでなく、この辺で大学生時代の過ごした方は、変らない町という思い出がよみがえるまちでもありますね。

ここから大きく変わるのが、新大久保まで及び新宿の職安通りまでは、都市計画道路で道が整備され今後も工事が続きます。

昔を知っている人からすれば?どこ?ちょっとした閑静な住宅街にあるの通りの雰囲気で終日は人も車も少ないので尚更かもしれません。

新大久保も駅舎は変わりませんが、周りの道が整備中なの、街がぽっかり穴が開いたような、佇まいです。

職安どおりから歌舞伎町へ10時前の新宿は人も少なく、パチンコに並ぶ人が目立つだけ

新宿通りは急に人が増えますが、西口、東口、南口、新南口など街が分散しているので、新宿と言っても人が集中するわけでないのも新宿らしいですね。

新宿のサザンテラスを通り代々木へ

ここは、1974年(昭和49年)~放送。傷だらけの天使(日本テレビ系ドラマ)の主人公の「おさむちゃん」(萩原健一=ショーケン)がすんでいた。エンジェルビルこと代々木会館がある場所です。

かなり老朽化していますが、現在も残されています。

この駅も大江戸線の乗り入れにより、代ゼミのある改札よりも大江戸線側の改札のほうが目立つようになったのも時代を感じます。

代々木から原宿は明治神宮や高級住宅街が多く、

日本人のみならず、海外の方も多く住んでいますし、静かなカフェやロードバイク店など、

こんな静かな場所に、と驚きがある街ですね。決して竹下通りなどを中心とした街でないので散策には最高です。

コチラの駅舎、レトロな雰囲気をモチーフにしているので

返って新鮮な駅かもしれません。

代々木公園などを中心としたランニングコースを一部走ると渋谷に到着

このスクランブル交差点も温故知新な街。

東急も残っているし、

しかし、その他ヒカリエや東横線が地下に潜るなど

次々に顔を変えているのも特徴です

まぁ基本出口の集中するも人が集まる駅としては珍しいですね。

渋谷から恵比寿は、埼京線に平行した道を辿るとあっという間に到着します。

ただ、恵比寿だけに誘惑が、まだ半分なのにこの日は暑くビールが飲みたいー

恵比寿から目黒も閑静な住宅街が多く、繁華街、閑静な住宅街と駅により雰囲気が大きく変るのも特徴ですね。

一つ一つの駅で人の雰囲気も違うし

目黒から五反田も整備計画で出来た道があり、一直線で五反田駅へ

ここでも多く人の流れが変るのも面白い

更に大崎はビジネス街なので、人の住む街という雰囲気がありません。次回紹介する品川の港南口と雰囲気が良く似ています。

山手線一周ただ走って駅をチェックするだけはもったいないので是非走る際は色々とチェックしていきましょうね

17回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示