• 完走請負人 牧野仁

疲労回復にはリカバリー入浴|きき湯(バスクリン)

|夏でも湯船に入ろう

8月は、猛暑日と台風の連続ような?台風20号は一先ず日本海へまだ北海道に上陸の恐れはありますが、雨から一転、明日から猛暑日へ

こうなると日々の疲労は残るばかり、でも暑いからといってもシャワーだけで済ませていませんか?

ここは湯船にしっかり疲労を抜きましょう。そこでお薦めの入浴法「リカバリー入浴」

関節や一部の筋肉を酷使すればアイシングは必須です。しかし疲労を取るには血液の循環をよくする。血行をよくすることが大事。

ランナーであれば、入浴前に水分補給は必須。湯船の温度を38~39度など暑すぎない温度に設定。

そこに入浴剤を投入。夏のお薦めは

バスクリン「きき湯」COOLタイプ

炭酸ガス、メントール、温泉ミネラル配合。これは夏でもサッパリ!しかも血行・新陳代謝促進で疲労回復の効果を得られる。

そして入浴剤は、水道水の塩素が比較はコチラ

入浴効果は

・温熱

・水圧

・浮力

の3つ

それを利用して湯船でストレッチ、関節にも負担なく血液の循環もよいので更に効果アップ。

20分程度、ゆっくり湯船に浸かって、ランニング直後は交感神経が優位なので10分程度に留めるのも大事

今日から湯船に浸かって疲労回復に努めよう。

4回の閲覧0件のコメント