• 完走請負人 牧野仁

ターサー|ジール5|アシックス

今日は一日中、どんよりした天気。

今週末は「さいたまマラソン・福岡マラソン」来週は「神戸マラソン」再来週は 「大阪マラソン・つくばマラソン」更に12月は「湘南マラソン」そして翌週は「ホノルルマラソン」など怒涛のマラソン月間

特に「つくばマラソン」のような自己ベスト出したい方々の多くは、アシックスターサーが人気

しかし、このターサーは1つのブランドではないのです。Japanとジールがある。何で2種類?

シューズのコンセプトとは別に、シューズを作る際にモデルになる足がある。多くの方に合わせる為、一つの足型よりは、違うタイプの足型があれば選択肢も増える。

この足型のことをラスト(靴型)という。その違いから名前も変えて差別化するのです。勿論、ラストだけ無く、シャンク(一番下の写真の靴の裏にあるパーツ)で足が内側に倒れないようにしている(オーバープロネーション防止)。

今回、紹介するは、アシックスターサージール5

スピード系シューズでありながら、アシックスらしく、アッパーは、最近流行のシームレス(縫い目がない)が多い中、しっかり補強されている。※シームレスにすると軽量化できる利点がある。

ミッドソールには、アシックスの最新ミッドソール。FlyteFoamを搭載

足入れの感覚は、アシックスシューズの中では、一番好みの履き心地

アウトソールのグリップは、ターサーのようなスピードが出るタイプは、アウトソールは、ブツブツの点になっていて、スパイク用に掴むような感覚を得られる。

一方、ゆっくり長く走るシューズのアウトソールは、面になっている、着地の力を面で受ければ分散する。クッション性とサポートしてくれる。

是非、裏側もチェックして見てシューズの違いを検証してね。

72回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示