• 完走請負人 牧野仁

フロートライドラン Reebok

「Floatride(フロートライド)」

昨年、展示会に参加し拝見、満を持して2017年4月1日に発売。

最大の特徴は、クッションであるミッドソール、今まではEVAと言う素材からスーパーポリマー(超高分子化合物)を採用、従来の半分の軽さに仕上がっている。

重さも200gちょっと(25.5㎝)

ここ数年、ミッドソールを改良している。しかし機能は更にアップ(クッション性、反発性)そして軽量化している。凄い進歩!!

更に踵に注目。

「 ネオプレーン」のカップを仕様。

ネオプレーン、初めて聞く方も多いので、

この素材は、合成ゴム(クロロプレンの重合による合成ゴム)、天然ゴムより燃えにくく、耐熱性・耐候性に優れている

身近なところで言うと、ウエットスーツ、PCの保護バックなどに使われている。

ここでも軽さと踵の保護を兼ね備えている。

アッパーもニット素材。通気性は抜群。

シューズを履くというより、ソックスを履く、そんなフィット感が体感出来る。

今回このフィット感なので通常26㎝を履く私にとっては、ワンサイズ下げ、25.5㎝にしましたが、心地よさは変わらず、

一回脱いだら、紐を解かないと履きにくいシューズ。

気持ちよさは最高だね。

今度のグアムに連れて行こう。。

146回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示