• 完走請負人 牧野仁

ウエーブライダー21までの変遷

秋の時期になると

mizuno ウエーブライダーの新作の時期

と思うわず思う今日この頃。

今年も9月にウエーブライダー21

が登場

今回は、21の話の前に歴代のライダーを紹介

先ずはウエーブライダー17から

15から16とアッパーのシームレス(縫い目がない)が進み

かなりガッチリしたイメージから

アウトソールも含め刷新した感じです。

21と比べるとメッシュの形状も違います。

歴代の中でも軽量化の追求といった感じでしょうか?

続いて、ウエーブライダー18

これがまた大きな変更点が

ヒールカップが、変っています

更にシューレス(紐の部分)がシームレスから変更されている

アッパーのメッシュも全体的に数は少なく、穴は大きく深くといった感じ

17と18の違いはアウトソールのグリップも

丸型からスリッド(横のラインで屈曲性を持たせている)を強調したものになっていました。

17と18と連続して刷新している印象ですね

表記は賛否両論ありました。

ウエーブライダー19

手元にありませんが、現在の20と21のアッパーの形状に近くなりました

デザインもシャープになり、これまた雰囲気の違うシューズに

アウトソールは18を継承する形のものでしたね。

そしてウエーブライダー20

20周年ということで昨年話題になりました

20はミッドソールの屈曲性とアウトソールのスリッドの変更点が目に付きます。

個人的には21を除くと、ライダーの中ではダントツ好きですね。

しかしミッドソール反発力が高いので走り始めの方々には16の方が安定感がある(少し重いですが)。

そこが5年前と大きな違い、5年前であれば安定感とクッション力から17以降は、軽量化とクッションと反発性に進化している

今回の21はどのような違いを見せてくれるか、改めて21の紹介をしたいと思います。乞うご期待

51回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示