• 完走請負人 牧野仁

東京マラソン2018|招待選手|男子海外勢編

今年は更に海外勢が熱い

 来月25日に迫った東京マラソン。先日、招待選手が発表!走る人も応援する人も是非招待選手に注目して欲しい。

 優勝候補筆頭は、ご存知?前回の覇者で前世界記録保持者のウィルソン・キプサング(ケニア)、残念ながら昨年のベルリンはリタイアでしたが、彼の走りをまた見られるとは何と贅沢。

 個人的には、リオオリンピックで銀メダルのフェイサ・リレサ(エチオピア)リオでのあのゴールシーンは考えさせられるものでした。そして2016年の東京マラソンの覇者でもある。この対決は注目!

他にも自己ベスト2時間4分24秒を持つ、テスファエ・アベラ(エチオピア)、自己ベスト2時間4分32秒ディクソン・チュンバ (ケニア)同じく自己ベスト2時間4分32秒ツェガエ・メコネン(エチオピア)この5名だけでも世界記録に近い存在。他にも5分台ベストを持つランナーが3名とレベルの高さが伺える。

コースディレクターの早野氏によると世界記録を更新するが狙える。ペース設定もこれを目指すそうだ!凄い!凄い!

目が離せない。東京マラソン!今からワクワク!

一方日本勢も強い選手が目白押し、コチラは次回

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示