• 完走請負人 牧野仁

ホノルルマラソンコース前半の10㎞が大事

スタートまでカウントダウン、ハワイの準備はできましたか?

今回は、コースを紹介。まずは10㎞まで、ここですべてが決まる。

スタート1㎞が全てを決める

早朝5時とは言え、待ちに待ったホノルルマラソンのスタート。ドキドキワクワクして、スタートの花火を見てテンションMax!日の出は7時前なので、あたりは真っ暗、暗いと走るスピード感が増す。これが落とし穴、気が付けば大汗!!このまま5㎞まで急いでします。ここは冷静ならないと最初の1㎞も最後の1㎞も距離は一緒。しかし、辛さは全く違う。後半の辛さを考えて自重もしくは一旦コースを離れてストレッチするなど一度、自分の走りを見つめなおすことが大事!人の波に飲まれないように!

3.5㎞付近で給水。喉が渇くようでは速過ぎる

2㎞付近までほぼ直線、少し左に曲がるようなコース。左手にはアロハタワー!しかしその先で右に曲がるので、殆どのランナーは気が付かない、その先を右折する3㎞地点は、チャイナタウン~ダウンタウン、ココの街並みに最高!その先に給水所が、カメハメハ大王像が目印(暗くて分からないか?)、ココでの給水(3.5㎞付近)は、一つの目安、水が飲みたいと喉が渇いたり、暑いと感じた人は、オーバースピード気味。一旦足を止めて、ストレッチなどすると良い、最初の給水所は非常に混むので、持参したマイドリンクを必ず、この付近飲み、人との接触を避けるようにしている。この地点で、アミノ酸を摂るのがオススメ、筋疲労を抑える意味でも最初が肝心。

ホノルル市庁舎前で記念撮影

 給水所直後左手に、あるのがホノルル市庁舎、その前は一面、クリスマスイルミネーション。ホノルルマラソンを楽しむうえでもここは外せない、折角来たのだからここは休憩所と思って記念撮影をしよう。

 再び走り始め数キロ移動すると、6㎞地点付近は、スタートで並んだアラモアナセンター前、公園内はスタート用に設置した仮設トイレが多いので、ここでトイレに行くのもあり。 

鬼門のカラカウア通り

 7㎞地点の給水所。ヒルトンハワイアンビレッジ。本来であれば、ホノルルマラソン最大の応援とカラカウア通りを抜け、ワイキキビーチと続く、最高のロケーション。しかし、あたりは明るくなり、身体も動き始めるので更にスピードアップ、特にハイタッチして走りが加速する。折角のメインストリートは、散策するつもりで、モアナサーフライダーやワイキキビーチで写真を撮るなど、スピードを落としたいところ、まだマラソンは始まっていない、しっかり楽しまないと、この先は単調なコースが続く、更に身体の疲労に加え、気温も上がると暑さとの戦いが、カピオラニ公園までの10㎞は慎重に且つ楽しんでゆっくり移動しよう。この7と9㎞地点の給水所でゼリーなど栄養補給を摂ってね。

ダイヤモンドヘッドロード~カハラ~ハイウエイ編へ続く