• 完走請負人 牧野仁

北海道マラソン対策?しかし…良い子はマネをしないように前編

先日の日曜日に北海道マラソンに参加する予定でした

本来はこのコラムで一週間の生活を例として紹介する予定でしたが

何と、21日(月曜日)にレッスン中に脹脛の肉離れが(完全断裂でなく)

なのでリハビリと経過も含めご報告します。

月曜日に午後、反動使う大きなスキップを指導の最後に紹介するため、見本を見せる為、高くジャンプ

あっ!左足の内側を大きな石がぶつかった痛みが

やってしまった。原因は幾つもあるが、まさか1週間切ったこの段階で、

代々木公園から駅まで左足は引きずるように、左足を右足より前に出すことが出来ない

脹脛はアキレス腱とも繋がっているので踵を突くだけで激痛

幸いなことに今はエレベーターなどあるのでレッスン後、そのまま地下鉄へ

ここも自宅まで電車なのでフォームからエスカレーターで地上改札出口。便利でよかった

通常徒歩2分もかからない場所なのに、引きずる歩きで5分以上かかり帰宅

帰宅後

①汗を流しつつシャワーで冷水を

②マッサージオイルを使用し擦るようにマッサージ

③続いてフィジール(冷却用バンテージ)でRICE処置

④同時にアミノ酸摂取

⑤キネシオテープ一先ずサポート

⑥SKINSでむくみ改善。

マラソンに向けてと回復に

①アルコールを控える

②タンパク質を多めに摂る

③水分摂取の普段より少し多めに摂る

更にストレッチや風呂などで肉離れ以外の部位の疲労を取る

2日目(火曜日)

歩行は、痛いが左足も前に出せるように、この日はウォーキング講座もあるため

ロキソニンを患部に貼る。

足を庇えば歩けるのでなるべく歩く(痛みの無い程度に)

下りの階段は非常に困難である。

また他の筋肉が張るので、筋膜リリースを行う(ポール使用)

臀部の緊張が著しいので、トリガーポイントのボールで念入りにほぐす

初日と同じように処置を行う

ちなみに歩数は7000歩強

3日目(水曜日)

下の写真

腫れてます。

この日は、運動教室を企業様にする日程。ストレッチも脹脛も伸ばせるようになる。

しかし、反動をつけたら再び!「あっ!痛!!」

柔軟性はかなり確保できて来た。

仕事が終わり、エアロバイクを1時間漕ぐ、その後更にストレッチ

歩数は11000歩

4日目(木曜日)

階段の下りはまだ痛みがあり

患部の圧痛もあり

歩行は普段どおりに

この日からアミノ酸に加え、グルタミンを入手。更に回復を図る

5日目(金曜日)

犬の散歩再開。自分のペース以外にも歩けるように下り坂の痛いも少しずつ消失

ただ明らかに左足は不安定

特に左右の動きは痛みと足のバランスが取れない状況(崩れる感じ)

この日からコーヒーを抜きでカフェインオフに

ドリンクのクエン酸やグリセリンローディングやグリコのオキシドライブハイポトニックドリンク

急遽、ザムストの脹脛肉離れ予防サポーター購入

ここまで連日1万歩超で歩くが

走ると痛みがだめか…

続く

最新記事

すべて表示